「きもちくしてくれて」広末涼子だけじゃなかった!芸能史に残る“不倫パワーワード”の数々がヤバい…
2024/02/07

広告

広末涼子はミシュラン一つ星レストランのオーナーシェフとの不倫を認め、愛の交換日記には「入ってくれて」「きもちくしてくれて」とのパワーワードが話題になっています。しかし、芸能界ではこれに限らず不倫に関するパワーワードが存在します。例えば、タレントのベッキーとバンド・ゲスの川谷絵音の不倫が発覚した際、2人は週刊誌に「センテンススプリング!」という軽率なLINEを送り合い、ベッキーは再起不能とまで言われるほど追い込まれました。また、プロ野球選手の坂本勇人も女性トラブルで流出したLINEが週刊誌に掲載され、彼も特徴的な言葉を残しました。さらに、俳優の石田純一は「不倫は文化だ」という言葉で有名であり、これは彼が発言したわけではないが後世に伝えられています。今後、広末を超えるパワーワードが生まれるかどうかは興味深いですが、芸能界では自覚を持った行動をしてほしいと思います。

広告

AD
記事
動画
速報