【衝撃】元楽天選手・安楽智大が転職した職業がまさに驚愕!野球界の裏側を暴露し、驚きが隠せない真相が明らかに…
2024/03/20

広告

安選のパワハラについての告発と球団の対応

2023年の契約公開の際、安選のパワハラが発覚し、137人の選やスタッフに対するアンケートヒアリングが実施されました。結果として、10人が直接の被害を訴え、40人以上がパワハラの事実を見聞きしていたことが明らかにされました。このことから、安選は保留選名簿から外れ、自由契約となりました。

一方、球団社長の森井正幸氏は安選の人生の全てを否定するわけではなく、所属していた選なので今後しっかり見てあげたいとコメントしました。ただし、2025年以降の契約の可能性については否定しませんでした。

球団は安選のパワハラ騒動を受けて、ハラスメントの早期発見を目的とした体制改革を行いました。具体的には、チーム全員を対象とした面談やアンケート調査、ハラスメント研修の実施、相談窓口の設置などを行いました。

広告

AD
記事
動画
速報