うつみ宮土理、体重37キロの「骨皮筋子」になっていた。ゲッソリ姿に「まるで別人のよう」「見てるだけで心が痛い」
2024/02/07

広告

うつみ宮土理さんが以前、明るく元気な姿とは異なる姿になっていた時期がありました。その時の話とは、彼女が愛川欽也さんと結婚していたが、2015年に彼が肺がんで亡くなったことでした。彼女は死別の経験から食事ができなくなり、体重は37キロまで減ってしまいました。しかし、彼女は日にち薬となる1日1日に支えられて立ち直り、以前の姿を取り戻しました。人々は彼女の元気な姿を喜んでおり、愛川さんも天国で彼女を見守っていることでしょう。彼女には悔いのない人生を送ってほしいと願っています。【参照:Yahoo!ニュース】

広告

AD
記事
動画
速報