人気女優・浅倉唯、時給8000円のラウンジ嬢時代の写真が衝撃だった「安すぎない?」「これは綺麗すぎる」
2024/01/29

広告

浅倉唯、かつては夜の世界で働いていたことが元従業員の証言で明らかになりました。彼女は『仮面ライダーリバイス』でのアギレラ役でブレイクし、その後、所属事務所のLIBERAとトラブルに巻き込まれ、8月30日には契約解除される事態に至りました。週刊誌によれば、撮影遅刻や写真集のボツが原因でしたが、彼女自身は「過去に夜の店で働いていた」という噂を否定し、「お金が必要だった時、社長が経営するバーで1週間だけ働いた」と述べています。

しかし、元従業員は浅倉さんが2020年6月頃に、当時の芸名で活動していた頃に、同店で働いていたと証言。彼女が「社長が経営するバー」と説明したのを見て、失望したと言います。実際には、LIBELAの社長が経営に関わる店でしたが、彼女がそこで働くよう命じられたわけではないとのこと。元従業員によると、浅倉さんは自らスカウトマンに連絡し、面接を受けに来たそうです。社長がクライアントを接待した際、浅倉さんが担当し、その場でスカウトされたと言います。

彼女の再デビューを祝い、従業員たちはお寿司屋で壮行会を開催。みんなに好かれていた浅倉さんは、「売れたら、口をきいてくれなくなるんでしょ?」といった冗談を言いながら送り出されました。しかし、彼女が過去を「バーのようなお店」と表現したことに、従業員たちはショックを受け、「私たちとの関係を無かったことにされた」と感じています。その店はラウンジであり、客と密接に接する仕事。

広告

料金体系も高く、浅倉さんの時給は8000円程度だったと言われています。

この一連の出来事は、表舞台に立つ芸能人の裏側と、その複雑な人間関係を浮き彫りにしています。浅倉唯のこれからの動向には引き続き注目が集まることでしょう。

広告

AD
記事
動画
速報