この症状はうつ病の危険なサインかも…うつ病を疑うべき症状とは
2024/03/26

広告

近年、うつ病の発症が増加しており、その兆候を見逃しやすいという問題があります。うつ病になりやすい性格の人は、自分の辛さを他人に表現したり、助けを求めることを避ける傾向があります。初めてうつ病になると、その兆候に気づきにくいことがあります。初期症状を放置すると、うつ病が悪化することがあります。ですから、早めにうつ病のサインを見つけて対策することが重要です。

うつ病の初期症状には、心の不調、身体の異変、仕事や行動の異変があります。心の不調では、気分の落ち込みや不安が増え、集中力が低下し、些細なことにイライラすることがあります。また、物事に対して深く考えることが難しくなります。身体の異変では、睡眠の質が低下し、食欲が不規則になり、疲れやすくなることがあります。仕事や行動の異変では、集中力が散漫になり、ミスが増えたり、人間関係でトラブルが増えたりすることがあります。

うつ病になりやすい性格の人は、うつ病であることを認めたがらない傾向があります。そのため、周囲の人が些細なことでもうつ病のサインを見逃さないことが重要です。また、うつ病の早期治療のためには、精神疾患に対する偏見を取り除き、病院を受診することが当たり前になる社会を目指すことも大切です。

うつ病は重症化すると自ら命を断つ危険な病気です。そのため、早期治療や療養が重要です。ヨーロッパでは精神疾患に対する受診率が高い一方で、日本ではまだまだ受診率が低い状況です。このような現状を改善し、うつ病に苦しむ人々が早期に適切な支援を受けられる社会を目指すことが必要です。

広告

AD
記事
動画
速報