川越シェフが消えた本当の理由…顔面崩壊は嘘だった?
2024/03/26

広告

川越達也シェフは一時期、テレビ番組で人気を博していましたが、顔面の大怪我によりメディア露出が激減しました。彼は渋谷のカフェでの出来事で、透明なガラスのドアに顔面を強打し、16針を縫うほどの重傷を負ったと告白しました。写真では右目が紫にうっ血し、腫れて目が開かない状態でした。腫れが引いた後、顔の半分が黄色く変色し、半年間テレビ出演を控えることになりました。

しかし、川越シェフがテレビから消えた本当の理由については異論もあります。4年前の「水1杯800円事件」が発端となり、口コミサイト「食べログ」に投稿された意見が物議を醸しました。川越シェフは年収に関する発言で批判を受けましたが、実際に口コミを書いた人は高級レストランに通う人であり、値段に文句を言っているわけではありませんでした。

この事件により、川越シェフの人気は急落し、性格の悪さが露呈しました。テレビ局や視聴者からの評判も悪くなり、現在もテレビで彼を見ることは少なくなりました。ただし、彼のレストランは忙しく、本業に専念している可能性もあります。

ネット上では、彼のケガに関する疑問や批判的な意見が見られます。一部の人々は16針を縫うほどのケガが本当か疑問視しており、また、右目だけが内出血していることについても疑念を抱いています。さらに、彼の人気が低下したのは水1杯800円事件のせいではなく、他の要因があるのではないかという意見もあります。

広告

AD
記事
動画
速報