お笑いライブ中に泣いてしまった赤ちゃん…。帰ろうとした親子に対して中川家の2人がとった行動が素晴らしい!
2024/03/26

広告

ある日の夜、人気のお笑いライブ会場に多くの観客が集まった。ライブは中川家というコンビの出演で、観客は彼らのユーモアとパフォーマンスを楽しみにしていた。

会場の雰囲気は一つの均一な笑いに包まれていた。しかし、その中でも少し異彩を放つ一つの泣き声が聞こえてきた。それは赤ん坊の泣き声だった。一瞬、周囲の人々がぎょっとする中、見かけを心配した母親がパニックに陥った。彼女は諦めるつもりで、赤ん坊を抱き上げ会場を後にしようとした。

しかし、そこにいた中川家は冷静さを保ち、母親に声をかけた。「大丈夫ですよ、泣いている赤ちゃんを連れて帰る必要はありません。」

母親はたじろぎながら聞いていると、中川家の一人がステージに向かって歩み出た。彼はマイクを手に持ちながら、会場の皆さんに話しかけ始めた。「みなさん、赤ちゃんが泣いていることで心配する必要はありません。我々の目標は笑いを届けることですが、赤ちゃんもその一部なのです。

広告

だから、泣いても平気ですし、帰る必要もありません。」

彼の言葉が広がる中、次にもう一人の中川家が出番の前倒しを告げられた。彼は続けて言った。「そうです、我々は子供たちを含めた全ての人々に笑顔を届けることが使命なのです。泣いている子供がいることは普通のことですよね。だから、その子供を拒絶する必要は全くありません。逆に、その子供と一緒に笑いを共有しましょう!」

会場の人々は拍手と歓声で彼らを迎えた。彼らのメッセージに賛同する者もいたし、彼らの人情に感動した者もいた。

母親は少し照れくさそうに、赤ん坊を抱きながら聞いていた。そして、会場に戻ることを決めた。彼女が戻ってくると、中川家のパフォーマンスが再び始まった。時折、赤ん坊が泣き声を上げても、会場の人々は彼らの心情に共感し、笑い声で塗りつぶした。

その日のライブが終わる頃、中川家はサプライズを用意していた。彼らは赤ん坊をステージに上げ、特別な名誉の招待を与えた。赤ん坊の目の前には、はじけるような笑顔で観客が広がっていたのだ。

その瞬間、赤ん坊の顔にも笑顔が浮かんだ。彼は周りの人々に囲まれながら、その心地よい喧騒に包まれた。中川家の行動は、赤ん坊の人生にも深い影響を与えたのかもしれない。

広告

この出来事はお笑いライブの舞台上に限らず、我々の日常生活にもたくさんの教訓をもたらしてくれる。赤ん坊に限らず、どんな状況でも心を開いて受け入れ、共感することの大切さを考えさせられた瞬間でもあった。

中川家は一つの小さな泣き声から人々の心を動かすことができた。その光景は、思いやりや寛容さの重要性を再確認させてくれた。そして、いつでも優しさと笑顔を持って人々と接することの大切さを思い出させてくれたのであった。

長年の人気を誇るお笑いコンビの中川家。

彼らの魅力は面白い漫才だけではなく、

お客さんに対しての対応が素晴らしいというのも

魅力の1つとなっています。

それは「よしもとお笑いまつりin所沢」での出来事でした。

中川家の2人が漫才をしている時に、

とあるアクシデントが発生してしまいます。

場の雰囲気が悪くなってしまいがちなアクシデントでしたが、

中川家の2人は素晴らしい対応をしてくれたんだそうです。

漫才中に起きてしまったアクシデント

広告

それは中川家のお二人が漫才をしている時のことでした。

Twitterユーザーのいなまりん☆(@maripop0210)さんの

前に座っていた親子の赤ちゃんが突然泣き出してしまいました。

赤ちゃんは一度泣いてしまうと、

なかなか泣き止まないので、

場の空気も段々悪くなってきてしまいます。

それを危惧したお父さんは赤ちゃんを抱いて外に出ようとしました。

すると・・・。

昨日の中川家ほんと神だったな。前方の席で、赤ちゃんが泣きやまくて退席しようとしたお父さんに礼二さんが「出て行かなくていい。そんな良い席なのに。赤ちゃんは泣くのが仕事。」と声をかけ、さらにステージに呼んで赤ちゃん抱っこして、お兄ちゃんが犬やネコの鳴き真似して赤ちゃん泣き止んだりして— いなまりん☆ (@maripop0210) February 1, 2017

なんと中川家の2人は出て行こうとした

お父さんを引き止めて、赤ちゃんは泣くのが仕事だと言って、

赤ちゃんをステージであやしてくれたのです。

さらには・・・。

ネタ中に響き渡る泣き声に、まわりも当人も気まずい空気だったと思うけど、それをひろって笑いに変えて、誰も嫌な思いをせず、お父さんと赤ちゃんにとっては、最高の思い出となったことだろし、さすがだなと思ったよ。赤ちゃんのお兄ちゃんが、階段でつまづいたこともしっかりひろっていじってたしね— いなまりん☆ (@maripop0210) February 1, 2017

何十年も様々なところでお笑いライブを

してきたからこそできる神対応ですよね!

この内容の投稿を見た人達からは、

何なら漫才出来なくても、その赤ちゃんあやしてるだけで場が十分に持ちますよね中川家のお二人だと。— まさやん (@masayangu) February 2, 2017

リプ失礼します。私も同じ会場にいました!中川家さんの神対応感動しました。さすがベテランだと思いました。お父さんも赤ちゃんもお兄ちゃんも絶対嬉しかったと思います— ℳ.Š (@0501_6_) February 2, 2017

@ario_saitoまさに芸人!臨機応変の芸素晴らしい!— グッさん1978 (@taka14yama) February 2, 2017

@bakashishou まさに神対応!!芸人として一人の人間として尊敬します。— 何もかも失ったオワコンムラサメロリンダムダムゾンゲルゲ㌠ (@udegehusahusa5) February 2, 2017

苦労してあの芸人としての地位を確立した方は、何があろうと動じないですし、その状況の全てを笑いに変えるとてつもないパワーと凄み、そして当たり前のようにやってしまう力量があります。同じ芸人として、中川家には拍手を送りたいですねッ— 松本格子戸@16日~20日東大阪10月2日3日【キャバレー赤羽】9日【男姦Vol 11】 (@koushido) February 17, 2017

と絶賛の声が寄せられていました。

確かに中川家の2人ならこういった非常事態でも

上手に立ち回れるという安心感がありますよね。

赤ちゃんのお父さんをはじめ、会場にいたお客さんも

きっと特別な時間を感じることができたのではないでしょうか?

子供に対し風当たりの強い昨今、

それでもお母さんや子供のために心温かい行動を

とってくれている人たちがたくさんいます。

広告

AD
記事
動画
速報