俺「二千円で人数分、普通の牛丼買ってきて!」ゆとり新入社員「はい!」その結果ヤバいことに
2024/03/26

広告

新入社員を教育するのは大変なことですが、特にゆとり世代の新入社員を指導するのはさらに大変です。ある日、新入社員に買い物に行ってもらったところ、予想外の結果が起こりました。上司から2,000円を渡され、「普通の牛丼を人数分買ってきてほしい」と頼まれた新入社員は、元気に了承しました。しかし、帰ってきた新入社員は「2,000円では足りなかったので、自腹で足して買ってきました!」と言い、袋から取り出した牛丼は全部特盛りでした。

上司は驚きつつも「ご苦労さん」と労いましたが、新入社員は「普通の牛丼と言われたから特盛りを買ってきた」と主張しました。この出来事から、言葉の認識の違いがトラブルの原因となる可能性があることが示唆されました。

ネット上では、普通の牛丼とはトッピングのないものとも受け取れるという意見や、自腹で特盛りを買う選択肢が理解できないという意見がありました。また、指示が曖昧な上司や、食事の際にもやんわりと指摘できる有能な新人社員に対する称賛の声も上がっています。

この出来事は、コミュニケーションの不足や誤解がトラブルを引き起こす可能性があることを示しています。先輩社員と新入社員が同じ言葉を異なる解釈で受け取ることがあるため、今後も同様のトラブルが起こる可能性があることが懸念されます。

広告

AD
記事
動画
速報