“この世をさまよう”南部虎弾の突然の消失…松本人志が「敵わない」と認めた出来事に驚愕…「電撃ネットワーク」で輝いた芸人ダチョウ倶楽部の脱退の真相に目が覚める…
2024/01/21

広告

パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバーである南部虎田さんが72歳で亡くなりました。南部虎田さんは長らくグループのリーダーを務め、日本のコメディアンパフォーマーとして活動してきました。彼の訃報に際し、ファンへ感謝の気持ちを伝え、お別れの会の詳細は後日報告される予定です。

南部虎田さんは2013年頃に糖尿病と診断され、人工透析を進められましたが、これを拒否し人工移植の手術を受けました。その後、仕事復帰し再び活動に取り組んでいました。南部虎田さんは本名を佐藤道彦といい、1951年7月14日に山形県鶴岡市で生まれました。座長クラブのリーダーとしてデビューし、後に電撃ネットワークを結成し、過激なギャグで知名度を上げました。1992年には「東京ショックボーイズ」としてオーストラリアなどで活動しています。

南部虎田さんは「ダウンタウン」とも共演し、金予備校などの番組で一緒に出演しました。自身のFacebookで、ダウンタウンとのエピソードに触れ、ダウンタウンがメインであり、自身たちは漬物くらいの存在だったと謙虚に述べています。

エスパー伊藤さんの訃報に際し、南部虎田さんはビトさんにエスパー伊藤さんのことをきちんと面倒を見るよう要求しましたが、ビトさんの対応に不満を抱いていたようです。南部虎田さんは自身のFacebookでビトさんについて不満を暴露し、両者の対立が激化していると報じられています。

広告

南部虎田さんの突然の訃報により、多くのファンが困惑していますが、彼の思いを引き継ぎ、長い間の応援に感謝する声が寄せられています。彼の一連の出来事については、今後の報道で詳細が明らかにされることでしょう。

広告

AD
記事
動画
速報